favicon.png

診療科目

cube-icon_orange001.png

一般歯科

  1. 患者さんの口の中の状態や年齢、仕事、審美性、歯科補綴物(義歯・歯・ブリッヂ・インプラント)の長期安定性の確保、あるいはその患者さんの将来の口腔内を予測して、総合的に考えて治療していきます。

  2. 主訴の歯に対する応急処置後、状況により歯科医学上必要なら、まったく反対側の歯から治療していかなければならないという時もあります。

  3. 患者さんには分かりにくい基礎的な治療(歯の根や歯槽膿漏の治療)から、時間をかけてコツコツと積み上げやっていきます。すぐに歯科補綴物(義歯・歯・ブリッヂ・インプラント)が入ったりしないので、患者さんにとっては治療期間が長く感じられイライラするかもしれませんが、実はこの基礎的な治療が一番大切なのです。

  4. 歯を抜かない歯医者が良い歯医者だと思っている方も多いと思いますが、決してそうではありません。時には積極的に抜歯しなければならない時もあります。(もちろんインフォームドコンセントにより、患者さんには納得していただきます。)これを言うと患者さんに嫌わてしまうのですが、歯科医学上必要ならばそれが言えるのがプロフェッショナルだと私は信じています。逆に、どうしても歯科医学上ポイントとなる歯は、抜きたくないこともあります。

  5. 仮歯や仮義歯により長期間にわたり経過観察をし、状態が良好であると診断したら、最終的な歯科補綴物を入れます。あるいは、ある1本の痛んだ歯でも養生して回復を長期間にわたり待ちます。

  6. 最終的にはシンプルな口腔状態と作ることを目標としています。その為には、歯科補綴物の形態にこだわったり不必要な歯の抜歯が必要となったりします。口腔内をシンプルにするということは患者さん自身が清掃(セルフケア)しやすくなるということで、これにより長期にわたり安定した歯で噛めるようになります。

  7. 俗に言う「保険治療だから…」、「自費治療だから…」という様な区別はありません。
     

 
cube-icon_orange003.png

小児歯科

むし歯のないお子様に対しては、定期的なフッ素塗布、フッ素洗口法の指導、歯ブラシ指導、歯科的知識(キシリトール、リカルデント、ポスカム、その他)の伝達等により、口腔内の良い状態を維持・増進していく為に、ご家族の方々と協力してやっています。これは治療室ではなく、「ケアルーム」でやるので、小さなお子様にも恐怖感がありません。
又、むし歯になってしまったお子様に対しては、まずむし歯をきちんと治すことが大切です。その際には、むし歯を治さなければいけないんだという自覚を、その子供の年齢なりに持たせることが大切であり、それが治療の成功につながります。それには、やはりご家族の方の協力が必要になってきます。
そして、きちんと治療した後には、当然予防処置を行い、再びむし歯にならない様にしていきます

child.JPG
 
cube-icon_orange009.png

インプラント

インプラント治療は痛くありません。
インプラント埋入手術の痛みの程度、およびその継続期間は臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。

埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。

インプラントと骨が結合するまでの間、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週間でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。

その後にヘッド部を装着しますが、ITIインプラントでしたらこの段階での2回目の手術をしなくてすみます。

 
cube-icon_orange004.png

​予防歯科

日本は今日、高齢化社会を迎えています。そのため高齢になるにしたがって、今日元気であっても明日にも病気で倒れたり、あるいは転んで骨折して入院しなければならなくなったりして、寝たきりになってしまう危険性は高くなってきています。
その際に、口腔内が不潔であると、口腔内の状態が急激に悪化し、歯肉が腫れたり、あるいは抜かなければならない歯が出てきても、病状が悪いために抜くことができないなどという事態になりかねません。 そういう時に、日頃から口腔内を定期的に清掃しメインテナンスしていくと、入院したときでも口腔内の状態は悪くなりにくく、又しっかり食事することもできるので回復も早くなります。

ですから定期的に口腔内をメインテナンスしていく事は、高齢者にとって大変大切な事となります。又、若い健常者にとっても日頃から口腔内をメンテナンスする事により、健康な歯・歯肉を維持することが出来るので、快適な食生活を維持できるということは言うまでもありません。 そして、虫歯のない健康な歯肉を持った口腔内を得る為に、乳歯が生え始めた頃から予防に力を入れていく事は、一生を通じてもっとも大切な事だと考えております。私たちは、そうした健康な口腔内を維持・管理していく為に、PMTC・PTCにより、口腔内をクリーニングしています。    
 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
歯科医師や歯科衛生士が専用の機械を使って隅々まで歯を清掃し、磨き上げていくことです。

PTC(プロフェッショナル・トゥース・クリーニング)
歯科医師や歯科衛生士が、歯を清掃していくことです。

プロフェッショナルケア
PMTC・PTCなど歯科クリニックでの予防処置(メインテナンス)のことです。

セルフケア
ご家庭で歯ブラシや歯間ブラシ、糸ようじなどを使って、自分自身で毎日口腔内をクリーニングしていくことです。

yobou1.jpg
jobou2.jpg
 
cube-icon_orange037.png

​訪問歯科

訪問歯科診療を受診しませんか??
 2004年4月に介護保険が施工され、介護に関するサービスの提供が、要介護の
高齢者の増加とともに増えてきました。
 歯科においても、施設や在宅における歯科診療を提供させて頂いております。
 歯科治療は、そのほとんどが1回で終わることがなく、定期的な治療が必要となります。
 訪問歯科診療においては、口腔内の環境を整える口腔内ケア(むし歯はもちろん
歯周病、入れ歯の調整)や、摂食・嚥下訓練などを行います。
 

homon2.jpg
homon3.jpg

施設での診療風景

口腔ケア

口腔内は常に細菌により汚染されているといっても過言ではありません。
要介護者は自分で口腔内の環境を正常に保つことが難しい場合もあり、訪問診療による定期的な口腔ケアが大切です。
一言で口腔ケアと言っても、医師や衛生士による歯石の除去や、自身では取りきれない汚れの除去、また可能な限り自分で虫歯を予防するためのブラッシングの指導を行います。

 

  • むし歯

むし歯は痛まなければ治療を進めなくてよいというものではありません。
むし歯には沢山の菌が潜んでおり、健康な歯を侵食するだけではなく、全身へ悪影響を与える可能性があります。
 要介護者の全身管理のために、口腔内の定期的な治療は非常に有効な手段です。

  • 歯周病

歯周病とは歯や歯茎、入れ歯など口腔内が汚れてくると、歯茎が赤く腫れたり、出血したりして、健康な歯がグラグラしてきたりします。

歯周病は入念なブラッシングで防ぐことができますが、要介護者の方は十分なブラッシングができないため、歯周病のリスクは高いと思います。

訪問診療により、汚れや歯石を取り除くことで、歯周病を予防することができます。

  • 入れ歯

入れ歯とは食事をのためだけではなく、会話や発音の手助けをしたり、噛み合わせが狂ってしまうのを防ぐために装着する器具ですが、要介護者の中には入れ歯が合わなくなって痛くて噛めない、入れ歯がゆるくなって外れてしまうなどの悩みが出てきます。

そうなると毎日の食事など楽しみが減り、QOLが著しく減退する要因になりかねません。

訪問診療により、入れ歯の修理や補修、新規作成ができる環境を整え、修理補修や作成だけではなく、要介護者のQOLの維持・向上に必要なトレーニングを行います。
 

摂食・嚥下ケア

要介護者は加齢や病気などにより摂食・嚥下能力が低下してきます。

特に嚥下の能力が低下すると、口腔内の細菌が誤って気管に入りやすくなり、『誤嚥性肺炎』と呼ばれる病気を発症しやすくなります。

『誤嚥性肺炎』とは寝ている間に発症することが多く、高齢者では命にかかわるケースも少なくない病気です。
訪問診療では上記の口腔ケアを実施するとともに、摂食・嚥下機能の回復のために必要な指導を行います。

 
cube-icon_orange011.png

​審美歯科

審美歯科

白い歯をかぶせたり、詰めたりすることが審美歯科だと思っている人が多いようですが実はそうではありません。
健康な歯肉であることはもちろん、歯肉の形態や色、かぶせる冠や、詰め物の形態や天然歯と調和のとれた色調・大きさなど、様々なことをトータルで考えて自然観あふれる口元を造りだすことが審美歯科なのです。

shinnbishikasyashinn.jpg

ホワイトニング

ホームブリーチング(自ら自宅にて行う漂白方法)とオフィスブリーチング(歯科クリニックにて行う漂白方法)を組み合わせたデュアルブリーチング法という方法で行います。
この方法は、早く安全で高い効果を得ることが出来ます。
漂白後の効果は個人差がありますが、一般的には3~5年くらい効果が持続しますが、元の色に戻ってしまうことは決してありません。
当クリニックでは、5年間保障しています。又、年に1回のエナメル質のケアを無料で行っています。詳しくはお尋ねください。

white_image.jpg
 
cube-icon_orange0.png

ラグビーや格闘技などの特に激しい接触のあるスポーツにおいては、前歯が破折したり脱臼したりする様な外傷がよくあります。それを防ぐために、マウスピースがあります。
マウスピースは、患者さんのお口に合わせてつくりますので装着感が良く、効果も高いです。

​スポーツ歯科

05ag0740315.jpg
pict0008s.jpg
05ag1070392.jpg